フォースシーズン エッチなシーンまとめ

放送日:
2009年1月8日から2009年3月12日まで

レギュラーシリーズ初のゴールデンタイム放送(21時スタート)ということもあり、今まで以上に肌の露出は控えめとなる。メイド喫茶の設定はなくなり、はるな愛がママをしているバー小さな貝殻がその役割を担うことになる。

※ フォースシーズンから「フンフン」と「手ブラ」アイコンを追加し、今まで「濡れ場」、「セクシー」などに分類していたものを独立させた。

第32話 「韓流スター カン・ヨンジンの恋」

ゲスト出演 : 田中美里、麿赤児、岩本恭省、ヒョンギ(キム・ヒョンギ)
特命[あらすじ] : 人気韓流スターの過去を調査せよ!!

  • 田中美里 濡れ場
  • 椎名法子 下着
  • 椎名法子の同僚女性 下着
  • 更衣室の女性2人 横乳下着
  • 雑居ビルの女性 横乳下着

第33話 「只野 vs ネット社会」

ゲスト出演 : 野久保直樹、原史奈、西村清孝
特命[あらすじ] : 大手電機メーカーの悪評を広めるウェブサイトの管理人を探し出せ!!

感想: 第32話、第33話と観たが、今までのシーズンに比べ只野の格闘シーンが短くなったのでその分本編のストーリーがしっかり作られているように感じた。ゴールデンタイム版はなかなか面白い。

脚本家の違いによるものと思われるが、今回は細かいボケがたくさん盛り込まれている。YouTube風サイトの名前が「君管」、電機メーカーに潜入した時の只野の偽名が「ダルビッシュ三平」で、自己紹介のときに林家三平の「どうもすいません」ポーズをとる、ゲストの野久保直樹に引っ掛けて、キメ台詞が「てめぇには、羞恥心ってもんが…」など。

秘書課・坪内紀子(櫻井淳子)の高級スーツ姿がセクシー過ぎる。どんどんセクシーになってゆく坪内は、もしかしたらフォースシーズンで一番エロティックなのかもしれない。また、野久保直樹のシャワーシーンは明らかにサービスショットだったためリストアップ。

  • 野久保直樹 乳首シャワー
  • 原史奈 下着
  • 三浦理恵子 フンフン下着
  • 椎名法子 下着
  • 更衣室の女性2人 手ブラ下着

第34話 「アラフォー部長と年下のイケメン社員」

ゲスト出演 : 鈴木砂羽、川野直輝、朝岡実嶺、虎牙光揮
特命[あらすじ] : 電王堂内の社内プロジェクトを外部に漏らしているスパイ社員を探し出せ!!

感想: 今回は、今まで放送したフォースシーズンの中で最もクラシックなスタイルの只野仁だった。前の2話と比べるとアクションシーンも長く、なんといってもお色気シーンが深夜放送だったころを髣髴とさせる内容だった。

まず、メインゲストの鈴木砂羽だが、その辺の若手女優とは違う風格を見せキスシーンの連続。また、川野直輝との濡れ場もどきでも胸に顔をうずめられるなど、なかなか見応えがあった。さらに、元AV女優の朝岡実嶺は、フンフンの後はずっとトップレス状態。乳首は只野のタバコでうまく隠されていたが、その後の只野の胸に抱かれるシーンでも、横乳がかなりはみ出していた。全体的には、深夜放送時の乳首が出ないパターンに似ているというべきだろうか!?

スペシャル第5弾で初めて登場したサウナ従業員かすみりさは、フォースシーズンに入ってから初めての登場となる。今後は、準レギュラーっぽい出演が期待できるのかもしれない。毎回登場する更衣室シーンの後ろの女性2人は、いつも違う方法で乳頭を隠しているが振り返るとTバックで尻丸出し。

  • 鈴木砂羽 [濡れ場.com] キス濡れ場下着
  • 朝岡実嶺 横乳背中ヌード下着フンフン
  • 椎名法子 下着
  • 更衣室の女性2人 背中ヌード下着
  • かすみりさ 乳よせパンチラ

第35話 「女子大生殺人! 難読漢字のトリック」

ゲスト出演 : 横山めぐみ、江守徹、桂亜沙美、乙音奈々
特命[あらすじ] : 電王堂が広告キャンペーンを手がけている女子大で生徒の遺体が発見される。生徒の死とその背後にあるものを洗い出せ!!

感想: テレビ朝日アナウンサー飯村真一がセリフ付きで久々の登場。
メインゲストのひとりである横山めぐみにお色気シーンはないが、車内で戯れるカップルの女性(乙音奈々)が軽く乳をもまれたあと、服をまくし上げられブラジャー姿になる。スタートから数秒後のシーンなので、放送時間は21時1分頃となっており、テレビ局は果敢にチャレンジした印象。ほかのお色気シーンはいつも通りだが、椎名法子の見せ場となる更衣室シーンで、通常は2名後ろに立っている女性が今回は1名。

「うちのかみさんが…」の口癖でおなじみの刑事コロンボのモノマネを只野仁が何度かやって見せた。

  • 乙音奈々 濡れ場乳揉下着
  • 椎名法子 下着
  • 三浦理恵子 フンフン
  • 更衣室の女性 横乳背中ヌード下着

第36話 「解き明かされた5年前の真実」

ゲスト出演 : 安達祐実、野村宏伸、石丸謙二郎、山西惇、泉知束
特命[あらすじ] : トラブルなどがなかった電王堂人事部の男が飛び降り自殺。結婚したばかりで自殺の動機が見当たらない男にいったい何があったのか? 真相を調べよ!!

感想: 定番化しているジャパンテレビの女子更衣室(椎名法子の下着)はなく、スタート直後に電王堂の女子更衣室シーンがある。しかし、全体を通してみるとお色気シーンは極端に少なめ。石丸謙二郎が大げさな演技をする目的がよくわからない。

安達祐美は裏と表の只野仁がいることに気づく。着替えシーンはスリップ程度だが、胸元ははっきりと見える。

  • 安達祐美 下着
  • 三浦理恵子 フンフン
  • かすみりさ 手ブラ
  • 更衣室の女性2名(電王堂) 下着

第37話 「女子プロボウラー殺しのストライク」

ゲスト出演 : 伊藤かずえ、宇野実彩子、矢吹春奈、りりあん、春咲あずみ、森次晃嗣、三上市朗
特命[あらすじ] : 多額の制作費を持ったままこつぜんと消えた制作部の部長を探し出せ!!

感想: ボウリング場とその控え室でのシーンが多かったために、ジャパンテレビの更衣室シーン(椎名法子の着替え)はない。

前作までメイド喫茶のメイド役をしていたりりあんが、バー「小さな貝殻」の新人として登場。メイド・りりたんとは別人の設定。SP5以降サウナ従業員を努めていたかすみりさに代わり、SP4、劇場版で同役を演じていた春咲あずみ(陳満珍役)が登場。りりあんはこの回以降レギュラーに復帰する。飯村真一も活躍。

矢吹春奈が只野の「女を落とす目」にやられ、セクシーシーンを演じることは想像できたが、伊藤かずえまで濡れ場をやるとは驚き。ボウリング場でロケをしたり、名前の売れた俳優をたくさんキャスティングしたり、大物ゲストが二人もセクシーなシーンをこなしたりと、いつもより豪華な印象を受けた。

  • 伊藤かずえ 濡れ場キス
  • 矢吹春奈 横乳背中ヌードシャワー
  • 春咲あずみ セクシー

第38話 「小さな訪問者」

ゲスト出演 : 澁谷武尊(子役)、岡田浩暉、神楽坂恵 [濡れ場.com]、唐渡亮、大友みなみ、木内あきら、光月夜也、大塚麻恵 [濡れ場.com]
特命[あらすじ] : ミスタークリーンと呼ばれる電王堂きっての清潔な社員に隠し子騒動。口止め料を要求する子供の母親を捜し脅迫を止めさせよ!!

感想: ヌード写真集も出している神楽坂恵は、子供の母親役を演じていたが、少し胸を強調するシーン以外にセクシーシーンはない。元グラビアアイドル・木内あきらと現役グラビアアイドル・大塚まえ(大塚麻恵名義)はホステス、AV女優・光月夜也はホストクラブの客だったがセクシーシーンはない。バー「小さな貝殻」で働くりりあんは、役名が「じゅんこ」と判明した。

ほぼ毎回のように更衣室シーンで下着姿を披露する椎名法子は、テンションが上がりすぎて、自分の両腕で胸をはさみプルプルと揺する。

  • 椎名法子 下着
  • 三浦理恵子 フンフン
  • 更衣室の女性2人 背中ヌード下着

最終話 「だまされた歌姫 殺意のメロディ」

ゲスト出演 : 金子さやか、鈴木一真、ケイン・コスギ、阪井あゆみ
特命[あらすじ] : かつては華やかに活躍していた音楽プロデューサーに接触し、スランプの原因を突き止めよ!!

感想: 最終話ということでサービスショットも多めなのかと期待したが、メインゲストの金子さやかは、鈴木一真とのキスシーンとシャワーシーンで肩を見せる程度だった。

はるな愛が、高橋克典の腕をとり自分の胸を触らせるシーンは本当に触っているようだった。「乳揉」というのは大げさだが結構レアなシーン。また、前回に引き続き椎名法子は、自らの腕で胸をはさむシーンがある。

  • 金子さやか キスシャワー
  • はるな愛 乳揉
  • 椎名法子 下着
  • 三浦理恵子 フンフン
  • 更衣室の女性2人 背中ヌード下着